医療、介護など将来性が高い分野に目を向ける

 社会保障について、多くの課題が山積するなか、診療報酬の増額も大きく注目されています。今回、厚生労働省における来年度の診療報酬改定について議論されていることは、医療界の就労環境を改善する方向に向かっていると考えてよさそうです。すでに超高齢社会を迎えている日本では、病院等における単純医療のみでなく、地域の医療ネットワーク強化や在宅医療、介護医療に関しても、さらなる拡充が求められています。

 

40歳からの仕事さがしは医療、介護などに注目

 40歳を超えている人で就職先をさがしているが、なかなか仕事が見つからない、正社員としての雇用が無理だと感じているという人は、医療や介護関係に注目してはいかがでしょうか。高齢者医療や介護関連などは、仕事がきつくて給与が低いというイメージがありますが、今後ますます充実が必要とされている分野です。厚生労働省による医療報酬増額は、医療従事者の待遇改善を目指すものでもあり、将来的に期待できるものと考えられます。

 

やりがい、生き甲斐になる仕事さがし

 高齢者医療や介護関連職は、何よりも人が人を助けるという、やりがいを強く感じることができる職業です。人から頼られる、必要とされることの重み、感謝されることの温かさは、どの職業にもまして生き甲斐を感じることができるのではないでしょうか。たしかに、仕事はやりがいだけでは生きていくことはできません。しかし、国をあげて医療報酬増額、医療従事者の待遇改善に着手し始めたことを勘案しれば、名実ともに志の高い職種になると考えられます。ある年齢を超えてからの仕事さがしは簡単ではありませんが、将来という時間軸を考えながら、成長の可能性の高い分野に目を向けることが大切ではないでしょうか。


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト