40歳からの転職は流れを把握しよう

 40歳を若いと捉えるかどうかはあなたではありません。転職で言えば、企業がそれを判断します。あなたは、どちらかと言えば危機感を持って転職と向き合うべきでしょう。そして、転職するために必要な項目と流れ、これとも向き合うことで、年齢をカバーできるかもしれません。

 

 

中途半端な意志や意気込みでは難しい

 40歳という年齢に達している自分が、果たして転職できるかどうか。ここから考え直してみましょう。転職を断念しろと言っているわけではありません。その年代では、中途半端な意志や意気込みでは転職の成功は難しいことを知って欲しいのです。中途半端ではなくなった時、初めて転職活動の準備が整ったと言えるでしょう。

 

【参考記事】

 

 

 

企業が求めている人物像にマッチするかを確認

 求人情報を見る時、どうしても年齢や待遇に目がいってしまうのではないでしょうか。それもチェック項目のひとつではありますが、一番は、あなた自信が「求められている人」であるかどうかをチェックすること。これが本当の意味での「求人情報」となります。

 

 

【参考記事】

 

 

 

履歴書や職務経歴書の書き方

 履歴書では自己PR、職務経歴書では仕事内容。これが、企業が大切にしている選考基準項目。履歴書においては他にも志望動機や資格などがあり、職務経歴書では仕事への姿勢や成果が重要視されているとのこと。ここを中心にまとめるようにすれば、相手企業の欲している情報は提供できるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接は細かなことまで気を付ける

 面接対策は、一夜漬けでできるものではありません。日頃の行い、姿勢、態度、そうしたものが全て出てくる場ですから、転職活動開始時点で意識的にそれらを正していくよう心がけましょう。40歳は内面なども見た目に反映されやすくなります。細かなことまで気を付けて対策してみてください。

 

 

【参考記事】

 

 

 

退職に手抜きはNG!

 もし近くに転職経験や退職経験がある人がいるのであれば、そうした人に話を聞いてみるといいでしょう。どう進めていけばいいのかはもちろん、「退職は大変だ」という言葉をもらうだけでも気が引き締まるはず。退職にも決して手を抜いてはいけないと教えてくれると思います。

 

 

【参考記事】

 

 


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト