40歳の転職に失敗したと思ったら

失敗だと思う原因を追究する

 

 40歳までは、即戦力として、あるいは管理職として、積極的に採用しようと思う企業が少なくありません。自分の実績やライフプランを考えたうえで、転職を実現したはずです。それでも、あなたが転職に失敗したと思うなら、それはどこかに詰めの甘さがあったということです。

 

 まず、自分が転職に失敗したと思う理由を、冷静に分析しましょう。仕事内容が聞いていた話と実際が異なっていた、社風になじめない、給与待遇と実務の厳しさに差がありすぎるなど、原因がわかれば、対処方法を考えることができます。

 

 とはいえ、短期間での再転職活動は、レベルダウンにつながるリスクが高まるので、まずは勤務先と話し合いを始めることがスタートです。自分が勤務を続けるにあたり、問題だと感じる部分は何か、改善するためにどうしたらよいか、自分なりの提案を添えて、話し合いに臨んでください。

 

その後のキャリアプランを再考する

 

 とはいえ、入社した会社がブラック企業だったり、自分の仕事に対する志向性と経営方針がアンマッチの場合、その会社にしがみつくことが、キャリアビジョンの達成を遠ざける可能性もあります。

 

 会社と話し合った結果を踏まえ、再度転職活動をスタートするのか、当面は勤務を続けながらチャンスを待つのか、自分のキャリアプランを再考することが不可欠です。

 

 40代ともなると、年齢が上がれば上がるほど、満足のいく転職を果たすのが難しくなるのが現実です。また、短期間での転職活動再開は、企業に悪い印象を与えがちなので、書類選考にも通過しにくくなるでしょう。

 

 そうしたリスクを負ってでも、転職する覚悟ができているのか、勝算はあるのかを考え、決定してください。

 

 

【関連記事】

失敗だと思う原因を追究する

 

 40歳までは、即戦力として、あるいは管理職として、積極的に採用しようと思う企業が少なくありません。自分の実績やライフプランを考えたうえで、転職を実現したはずです。

 

 それでも、あなたが転職に失敗したと思うなら、それはどこかに詰めの甘さがあったということです。まず、自分が転職に失敗したと思う理由を、冷静に分析しましょう。

 

 仕事内容が聞いていた話と実際が異なっていた、社風になじめない、給与待遇と実務の厳しさに差がありすぎるなど、原因がわかれば、対処方法を考えることができます。

 

 とはいえ、短期間での再転職活動は、レベルダウンにつながるリスクが高まるので、まずは勤務先と話し合いを始めることがスタートです。自分が勤務を続けるにあたり、問題だと感じる部分は何か、改善するためにどうしたらよいか、自分なりの提案を添えて、話し合いに臨んでください。

 

その後のキャリアプランを再考する

 

 とはいえ、入社した会社がブラック企業だったり、自分の仕事に対する志向性と経営方針がアンマッチの場合、その会社にしがみつくことが、キャリアビジョンの達成を遠ざける可能性もあります。

 

 会社と話し合った結果を踏まえ、再度転職活動をスタートするのか、当面は勤務を続けながらチャンスを待つのか、自分のキャリアプランを再考することが不可欠です。

 

 40代ともなると、年齢が上がれば上がるほど、満足のいく転職を果たすのが難しくなるのが現実です。また、短期間での転職活動再開は、企業に悪い印象を与えがちなので、書類選考にも通過しにくくなるでしょう。そうしたリスクを負ってでも、転職する覚悟ができているのか、勝算はあるのかを考え、決定してください。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト