予め決めておきましょう

入社が決まったとき

 

 入社が決まった際には、これから就く業務について、今までと同じ業務だから何も考えないというのは大きな間違いです。例え同じ業務といっても企業毎に異なります。

 

 面接の際にも、ある程度話しはでていた場合に関しては、今まで自分が行ってきた仕事の再点検をしましよう。ましてや、中小企業から大企業に転職する場合は勝手が違いますので、色々と本などで勉強することです。

 

 また、配属部門で取得しておいた方が望ましい資格がありましたら、この際、資格取得に向けた勉強も始めるのがよいでしょう。

 

 

チエックポイントを押さえる

 

 入社が決まったら、業務内容のチエックポイントを押さえるのが重要です。チッェクポイントは入社前と入社後で大きく違います。入社前ですと、漠然とした勉強になりますが、入社後は、仕事のどこが一番のポイントかを早く見極めなければなりません。

 

 これは、配属された部門の部下の意見が一番参考になります。しかし、部下に一から十を聞くのは、初日だけと考えて、あとは、まず部下の性格と仕事の要領を把握します。これには、積極的に声をかけていくのがコミュニケーションをとる上で有効です。これができないと仕事がスムーズに進まないからです。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト