フォーマットは自由

年代別が望ましいケース

 

 職務経歴書のフォーマットは、意外と悩む方が多いです。それは、現在では沢山のフォーマットがあり、書類選考通過するか否かの決めてとなるからです。それでは、インパクトのある職務経歴書はどのようにしたら作成できるのでしょうか?まず、今までの業務内容を年度順、もしくは業務順に並べて全体がわかるようにします。

 

 転職するのが初めての方は、年代別の方がずっとわかりやすいです。年代ごとの業務内容にポイントを書いていきます。その時、独自のエピソードがあれば記載できる欄があるフォーマットが望ましいです。

 

業務別とプラスαのケース

 

 職務経歴書を書く際のフォーマットで、既に数回転職している場合ですが、これは如何にして、ポイントを上げるようにみせる工夫が必要です。まず、形式としては、業務内容がトップにくるようなフォーマットが最もシンプルです。

 

 職種が同じであっても、業界が変わっている場合は、業界+職種でまとめるのもわかりやすいフォーマットです。業界ごとに、まとめる場合ですが、あくまでも職種がメインであるというフォーマットをはずれてはいけません。また、業務にかかせない大型資格を取得している場合もわかりやすい位置にいれます。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト