転職サイトの有効的な活用方法

公開と非公開の使い分け

 

 転職サイトの求人票には、公開求人と非公開求人があります。これは、読んだ字の如です。転職サイトを活用する場合ですが、積極的に自分で検索して求人を確認する方と、とりあえず登録して様子みだけの方がいます。

 

 転職サイトには膨大な求人が登録されていますが、条件のよい求人には応募が殺到しています。自分は、条件にかなっているから連絡くらいくるだろうと考えるのは、ネットの落とし穴にはまっているだけです。公開求人は、人数も少ないのでやはり非公開求人にも登録しておくことをお勧めします。

 

 

40代の求人も多いのか?

 

 非公開求人とは、転職サイトに登録した方のみがみられる求人です。この時の注意点ですが、自分が予想している職種が必ずしも多いとは限りませんので、登録したら一通り検索してみましょう。

 

 40代という年齢ですが、法律的には求人の年齢制限は一定の条件以外は、ありません。しかし、求人票では明らかに年齢制限が読み取れるケースもありますので、注意が必要です。

 

 転職サイトのよいところは、全て匿名でおこなえますし、予想外なオファーがくることもあります。求人票に登録する際は、予め準備してから職務経歴を登録するのがポイントとなります。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト