景気に左右される業界動向

雇用のミスマッチ

 

 景気がよくなり、雇用のニーズが増加しても、相変わらず慢性的な人手不足の業界もあります。慢性的な人手不足な業界に共通しているのが、労働がきつい・給与が低い・非正規雇用の三拍子といっても過言ではないでしょう。

 

 経営サイドにしてみれば、人を確保するには給与を挙げるしかないと考えるのですが、そこまではしたくないというのが本音です。これは、業界によって顕著ですので、希望する業界が今、どのようになっているのか予め慎重に調査する必要があります。

 

 

新しい業界にチャレンジ

 

 経済は常に動いていますので、その中から新しい分野も沢山うまれてきます。新しい業界にチャレンジする場合は、ある程度長い目で見ることも大切です。将来性があるか、一時的なものなのかは、自分なりに色々と調べて判断していく必要があります。

 

 特に、40代ともなりますと、新しい分野といえども、職種は変わらない方が多いでしょうから責任者に登用されるといったケースも珍しくありませんので、日々勉強の覚悟が必要です。

 

 また、新しい分野の場合は、当然のことながら企業の考え方にもよりますが労働条件が下がるケースも多いので、十分に考えて決めていくことが必要です。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト