転職活動にかかる期間が決まるポイントはどこに?

正確な分析に左右される活動期間

 

 計画なくして活動はできませんが、計画というからには、それは分析を積み上げた結果生まれ出たものでなければいけません。分析も何もない計画なんて、あってはいけないのです。あったとしても、それが成功することはないでしょう。

 

 仕事を見つけるための計画も同様です。正確な分析があれば、その活動は計画通りに進むことになり、分析がいい加減なものであれば、ただの予定で終わってしまうのです。

 

 自己分析、企業分析、市場分析、こういった分析に活動期間は大きく左右されると思っておいてください。

 

アピールの仕方次第でも変わる活動期間

 

 自分ひとりで決められるわけではなく、会社との対峙によって採否が決まるわけですから、活動期間がどの程度かかるのかはアピールの仕方にも当然影響を受けることになります。

 

 アピールの仕方が上手くない人は、ただただ活動期間が延びるだけ。必要な事を丁寧にアピールする能力や戦略があれば、例え飛び抜けたスキルがなかったとしてもそれなりのスピードで内定をもらえるところまでいけるのではないでしょうか。

 

 スキルがないならないなりのアピールの方法を考えましょう。スキルがあると自負しているのであれば、それをどう見せれば他の人よりも採用したいと思ってもらえるのかを考えましょう。会社の意識や感覚といったものを読み取り掴み取ることを怠ってはいけないのです。

 

 

それらができる人とできない人の期間の差

 

 正確な分析を各分野で行うことができ、その分析を元に正しくアピールすることができる人は、2週間で活動を終わらせることも可能です。実際にこのくらいの期間で内定をもらえる人は結構いるもの。確かに早いですが、あなたにもその可能性はなくはないのです。

 

 そこまでのハイスピードではなくても、ある程度正確な分析とアピールができていれば、2ヶ月から3ヶ月で内定をもらうことは十分に可能なはず。もしこれ以上の活動期間がかかってしまうようであれば、分析力とアピール力に難ありと思っておいた方がいいでしょう。

 

 この活動期間の差は、将来にも影響を与えます。新しく働くことになる会社での活動期間が長くなるか短くなるかでキャリアの積み上げ方も変わるはず。それが転職希望者の活動期間の差にかかっていると思っておきましょう。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト