在職中に転職活動を始めた方がいいワケとは?

人事の本音は「在職中の転職」

 

 転職のための活動は、離職する前、つまり在職中に行いましょう。その訳のひとつに、人事の本音があります。仕事を継続している人と、離職してから一定期間が経っている人、この両方が面接に来た場合、人事はどちらに好感を持つと思いますか?両者の技量がかけ離れていれば判断が変わってくるかもしれませんが、少しくらいの差であれば、やはり仕事を継続している人を選びたくなるでしょう。

 

 人事は安心感を求めます。人選に失敗したくないのです。離職している人はそれだけでどこかマイナスのイメージを持たれますし、無職から仕事を再び始めることの負担や不安を考えれば、どうしても在職中の人を優先したくなるはずです。

 

退職後の活動が有利になる人は稀

 

 退職後に転職に向けた活動をする人の中で、その決断が有利なものとなる人は、ごくごく稀。どの会社からも引く手数多のようなキャリア・能力を持っている人材や、よほどのコネクションを持っている人は、離職してしまった方が転職もスムーズにいきやすいでしょう。

 

 あなたはどうでしょうか。どちらかに当てはまっていると胸を張って言えますか?もし言えないのであれば、悪いことは言いません。そのまま仕事を継続しながら、転職に向けた準備を進めてください。

 

 ずば抜けたキャリアや能力、すぐに転職できるようなコネクションがなければ、40歳からの転職はリスクも大きく、一度退職してしまうと、そのリスクが大きくなってしまうのが現状なのです。

 

もし辞めるなら目処が立ってから

 

 もし完全に転職先が決まる前に会社を辞めたいと考えているならば、ある程度目処が立ってからにしてください。少なくとも転職活動の準備に関しては、仕事を続けながら行うべきです。できれば、面接等も有給休暇を上手く使ったり転職エージェントに日程の調整を依頼するなどして、在職中に行うことをお勧めします。

 

 

 内定を貰えれば目処が立ったことになるので、退職しても問題ないでしょう。あとは契約を結ぶのみという状態になるまでは仕事を続けていた方が、あらゆる面でメリットがあることは間違いありません。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト