転職に最適な時期はいつ?その疑問にお答えします

中途採用の募集が増える春と秋口

 

 転職者を募るための求人情報を出す会社が増えるのは、3月から4月にかけて、そして9月から10月にかけてとされています。その中でも、特に3月と9月は、1年の中で最も中途採用の募集が増える月となるでしょう。

 

 転職に最適な時期を見極めるのはなかなか難しいものですが、この求人情報の数が増える月は、ひとつの目安となるのかもしれません。単純に、応募できる企業が増えるからです。

 

 応募できる企業が増えるということは、それだけ採用の可能性も高くなると推測できます。40歳は決して楽に転職できる年齢ではないですから、この時期に狙いを定めて動いてみてもいいのかもしれません。

 

その他の時期も欠かせない求人情報のチェック

 

 1年の中で、とりわけ中途採用の求人情報数が多いのが春と秋口というだけで、その他の時期に募集している会社がないわけではありませんから、そこは勘違いしないようにしましょう。

 

 しかも、3月や4月、あるいは9月や10月が、他の月と比べて何倍もの求人数があるというわけではないことも知っておきたいところ。

 

 つまり、求人情報のチェックは、常日頃からしておくべきなのです。究極の答えを言ってしまうと、「ここだ!」と思った求人情報と出会った時が、転職に最適なタイミングなのかもしれません。

 

 

辞める会社のことを考えて決めたい転職時期

 

 転職時期を決める時に頭を悩ませるのは、求人情報の数や内容だけではないでしょう。会社を辞めなければならないわけですから、そのタイミングも転職の時期に大きく関わってくるはずです。

 

 求人情報が多く出回る春に転職したいと思っても、それまでに引き継ぎが終わらなければ、それは決して転職に最適な時期とはなりません。

 

 「ここだ!」と思った求人情報と出会ったとしても、その時に大きなプロジェクトを抱えていれば、それもやはり転職に最適な時期とはならないでしょう。辞める会社のこともしっかりと考えた上でなければ、転職に最適な時期を見出すことはできない、このことを知っておくべきです。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト