決断が大事

チャンスが来たらためらわない

 

 転職活動を始めたらもちろんですが、40代で即戦力となれる方で、業界でも一目置かれている方は、時にはスカウトをされる事もあります。万が一、スカウト行為があった場合で、自分が希望している業種、企業であれば、条件などを確認して前向きに考えるのが良いでしょう。

 

 自分で転職活動をしなくても相手から来たわけですから、このタイミングを逃す手はありません。この時、必要なのが、直ちに決めるのではなく自分なりに考えて、入社時期の調整などの条件も細部までつめる必要があります。また、在職中の企業の退職規定の見直しや引き継ぎ期間が十分あるかも見直します。   

 

 

労働条件の確認

 

 40代の転職ともなると、企業側にとってもダメージが強いです。ましてや優秀な社員であればなおさらです。年齢を考えますと、給与などを上げるなどして引止めにはいる企業もあります。この引止めが入った場合ですが、提示された給与だけで転職を止めるという方法も確かにあります。

 

 しかし、転職を決意したのは、あくまでも業務内容でしょうから、ここは冷静になってよく考える必要があります。新しい条件を提示されて、転職先での労働条件が下がるにしても総合的に考えて判断することが重要です。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト