納得できる転職で新たな扉を開きましょう

転職を成功させ望んだ仕事を得るには、やはり準備が欠かせません。自分で自分の気持ちをよくまとめることと、スケジュール管理が必要です。

 

まず転職を考えるなら、なぜ転職したいのかをはっきりさせなければなりません。今後の人生を考えて、自分が経験しておきたい職種や業界があるなど、ターゲットが明確であると良いです。あるいは家庭環境の変化で、現在の勤務時間や勤務場所で働き続けることができなくなったという理由もあるでしょう。また、給与が低すぎるとか職場の人間関係が悪いなど、ネガティブな要因で転職せざるをえないことも考えられます。とにかく転職をするにあたり、自分が最も優先することから条件をいくつか決めておくと、転職活動でも迷いが少なくなります。

 

次に、自分のキャリアの棚卸も必須です。自分がどういう希望条件で仕事を探すか決まったら、今まで自分が学んできたことや経験したこと、できることできないこと、好きなこと嫌いなことなどを振り返ってみます。自分の長所やアピールポイントを考えます。また弱点も、転職活動前から少しずつ克服する努力はしておきます。

 

そのあとは実際に、履歴書や職務経歴書などを書いたり、転職先を探します。このとき、公的機関や民間の転職サービスを利用することになるでしょうが、複数の転職紹介サービスを利用していきます。転職サービスも会社によって得意分野が異なったり、担当者のやり方も違います。何社か登録してみるとよいでしょう。さらに、職務経歴書の書き方や面接などについて、アドバイスを受けることもできます。転職活動は、労働者としての自分を転職先へ売り込む行為です。自分を採用すれば転職先にとってどれだけ役に立つか、どんどん自分の売り込み方を学んでいきます。

 

こうして準備を整えていると、応募先の会社から面接の知らせが来ることがあります。面接に行く前には、十分に応募先の会社の調査をして、自分の志望理由や過去の職歴、アピールポイントなど適切に応答できるよう練習しておきます。1社目で決まることもありますし、何社も面接に行くこともあります。面接後は内容について反省はしますが、不採用でもあまり落ち込まないようにしましょう。

 

面接日はたいてい平日に設定されます。面接時間を夜遅くなど融通をきかせてくれる応募先もありますが、たいていは有給休暇や半休などを使う必要が出てきます。面接が重なってくると、現在の勤務先で休みがちになり仕事に支障が出ます。また採用が決まったとしても、入社日が指定されると思われますので、現在の勤務先との退職日を調整しておかなければなりません。勤務先には1か月前には退職を伝えた方がよいですし、業務の引き継ぎの準備もします。転職活動の後半は、面接日の調整、有休の取り方、退職までの段取り、転職先の入社日と複数の日程がからむので、スケジュールをきちんと管理しましょう。

 

転職時には、年金や各種保険の手続きなど事務作業も伴います。退職も円満に行って、気持ちよく新たな職場に移れるように心がけます。


トップページ 転職の流れを把握しよう おすすめ転職サイト